正則高等学校

正則高等学校

スマートフォンメニュー
画像準備中

【合宿レポート】 軽音楽部北志賀合宿

年度別合宿レポートメニュー(ページ内リンク)

 2018年度 合宿レポート(2018/7/24)
 2017年度 合宿レポート(2017/7/25)
 2016年度 合宿レポート(2016/7/26)

2018年度 軽音楽部夏合宿

軽音楽部の7月24日付の合宿レポートです。
 軽音楽部は4泊5日の日程で、長野県北志賀竜王にて合宿を行っています。音楽漬けの5日間で、それぞれのバンドがオリジナル曲を制作します。

 今年は1年生が多数入部し、約50名で合宿を迎えています。スタジオの数も例年の4部屋ではなく6部屋借りて、各バンドが練習を行っています。また、OBの先輩方も多数参加してくれていて、OBたちとのセッションや楽器ごとのワークショップも行われています。中日である今日は、夕食後に東京高校との合同ライブを行いました。1年生バンドの中で3つのバンドが初舞台を経験することになり、照明がある中、初のオリジナル曲発表となりました。
 一日の感想では、ライブに出て、ステージでの動きで、意外と大きく動かないとわからないということに気づいた。(一年生)」「舞台に立ったときに、メンバーがすごい緊張していたので笑って安心して叩けた。(一年生)」「合同ライブで一年生が楽しそうに演奏しているのを見て、自分もあれくらい楽しく演奏していたいと感じた。一年生の追い上げが来そう…。(二年生)」というように、多くの発見や刺激があったようでした。



最終日にはこの合宿の成果を発表することになっています。残り二日更に練習を重ね、舞台でのそれぞれの経験をお土産に、東京へ帰りたいと思います。

合宿レポートの一覧はこちらから

正則高校の部活動についてはこちらから

2017年度 軽音楽部夏合宿

軽音楽部の7月25日付の合宿レポートです。
 軽音楽部は4泊5日の日程で、スタジオのあるホテルで合宿を行っています。音楽漬けの5日間で、それぞれのバンドがオリジナル曲を制作しています。

 中日となる昨日、各バンドが1曲ずつ合宿で制作した曲を発表する中間発表会が行われました。1年生は中々曲の作成が追いつかない様子も見られ、全体として悔しさをにじませるライブとなりました。最終日には各バンド2曲ずつを発表するライブを予定しています。残り2日間の練習の中で、どれだけ自分たちのバンドの曲を磨いていけるのかが楽しみです。以下、昨年度卒業したOBからの中間発表会のコメントと、部員の感想を紹介します。

『去年までライブに出る側であった私は、その当時と今の現役生を比較してみることにしました。その観点からまだバンドとして詰めが甘いところ、個人としての技量が足りていない部分が見受けられました。残りの二日間でさらなる努力と成長を期待したいと思います。(平成29年度卒業生 和泉元 勇輝)』

『バンド練ではできないことなどの練習方法やフィルなどを教えてもらった。だけど、中間発表では教えてもらったことが成功しなかったのがとても悔しかった。発表までに少しでも教えてもらったことを出来るようにしようと思った。(1年生)』

 『今日のバンド練ではOBの先輩方にたくさんみてもらうことができてアドバイスをもらうことができた。今までできていなかった部分もOBの先輩方のおかげでできるようになった部分もあった。でもその部分は前からできていないのがわかっていたことだったから、中間発表当日に直すんじゃなくて前から先輩方に聞きに行かなきゃいけない部分だったと思った。 ~(中略)~ できなくて落ち込むよりも、ちゃんと聞いてもらうことが出来る曲と呼べる曲を残り2日間作ろうと思う。今日反省点ばかりだった分、明日は今日を取り戻せるくらい頑張りたい。(1年生』)

合宿レポートの一覧はこちらから

正則高校の部活動についてはこちらから

2016年度 軽音楽部夏合宿

軽音楽部の7月26日付の合宿レポートです。
 軽音楽部は4泊5日、スタジオのあるホテルで合宿を行っています。音楽漬けの5日間で、それぞれのバンドがオリジナル曲を制作し、最終日のライブで発表を行います。一日の締めは、ミーティング。毎年来てくれているOBやコーチからのアドバイスや、部としての課題などを共有します。
 昨日は、同宿の東京高校との合同ライブを行いました。正則からは4バンドが演奏、うち2つは合同ライブ初出演となる1年生バンドがこの合宿でつくったオリジナル曲を披露しました。初めての合同ライブを終えての1年生ボーカル2人の感想です。

 「初めての合同ライブで、トップバッターを務めさせていただきました。せっかくの良い機会でしたが、正直、とても良い演奏であるとは言えない結果に終わり、とても悔しい気持ちでいっぱいです。合宿最終日のオリジナル曲の発表会が、多くの人の前で演奏する次の機会になると思うので、もっともっと楽しんで音を出せたらいいなと思います。」
 「一番の反省はキーボードばかり見ていて全然前が見えなかったことです。以前にも指摘を受けたことが出来なかったので、それがとても悔しかったです。それでも今日のライブはとても良い経験になりました。初めて他校の人に発表する場になりましたが、緊張というよりも楽しむことが出来ました。」

15Y_684215Y_684215Y_684215Y_6842

合宿レポートの一覧はこちらから

正則高校の部活動についてはこちらから

ページトップへ