正則高等学校

正則高等学校

スマートフォンメニュー

Seisoku Blog

2017年11月5日

【学院祭】受賞クラス紹介~奨励賞~

学院祭が終わり、中間試験が終了しました。これから1週間で今年度の学院祭の様子や受賞クラスを順番に紹介していきたいと思います。

まずは奨励賞です。「1・2年生が対象。総合的に一定のレベルに達し評価に値し、次年度に向けてより高い内容を期待して贈られる賞」となっています。今年度は5クラスが受賞しました。

1年B組 ”ようこそ波瀾万丈の放送部へ” (劇)
 暗転なしの一幕物を多彩なキャラクターが登場しながら見事に演じ切りました。扉やマイクなどにも工夫がなされ、「みんなで一つの良い作品をつくるためにはどうするべきか」、そのテーマは実際のクラスにも重なるものがありました。

1年D組 ”大人免許” (劇)
 早々と脚本を書き上げ、夏休みから演技練習を重ねていました。「大人」の資格を得るための試験を通して、人として大切なこととは、大人とはどのような存在なのか、観ている大人こそ考えさせられるテーマが込められていました。

1年G組 ”All That Glitters is not Gold” (劇・飲食)
 授業で学んだことを正面から取り上げ、コーヒーをめぐる現実を、妖精のツアーを通して高校生が学ぶ姿が素敵でした。多彩な小道具、内外装、そして飲食企画と、まさにクラス総がかりで企画をつくりあげました。

2年C組 ”クリスマス・キャロル” (劇)
 様々な場面を工夫ある演出と見事な演技で表現し、古典的名作をよく再現しました。早くから旺盛な取り組みもみられ、総じてクラス全体の力を感じました。

2年D組 ”サンドアート” (パフォーマンス)
 正則学院祭の企画に新たなレパートリーを生み出してくれました。教室内に絶妙に取り付けられたスクリーンに映し出された絵は、一味違った癒しの空間を見せてくれました。 

次回はクラブ優秀賞・優秀企画賞の団体を紹介します。11月9日(木)に公開予定。お楽しみに!

学院祭までの準備の様子などは学院祭特設ページから

ページトップへ