正則高等学校

正則高等学校

スマートフォンメニュー

部活動

2021年7月25日

【軟式野球部】選手権大会で科学技術学園に敗戦、3年生は引退となりました。

7/23(金)軟式野球部が選手権大会に出場し、上井草スポーツセンターで科学技術学園と対戦しました。


 前日のケガの影響からか本調子でない先発の玉岡くんは1,2回に四死球と長打で大量リードされます。3回には飯尾くん、原田くんの連続長打で1点返すも、その後の2死満塁のチャンスを生かせず。4回にもキャプテン大野くんのタイムリーで加点し反撃ムードが高まります。2回途中から登板した副キャプテン平山くんは好投を見せるも、不運なイレギュラーと味方の守備の乱れから失点を続け、残念ながら2-17、4回コールドゲームで敗れました。
 コロナ禍の中、練習も満足もできない上、部員不足にも悩み少ない人数で練習した時もありました。大会を終え、7/24(土)にミーティングを行い、3年生一人一人に軟式野球部を振り返り、話してもらいました。話の一部を紹介します。

飯尾くん
 1年生の時には部活や学校に対しての意欲はなかったし、簡単に休んでいたり文句ばかり言っていた。そんなダメな自分に対し、部員のみんなは丁寧に対応してくれた、みんなに感謝します。そんなダメな自分じゃダメだ、頑張んなきゃと思い、自分を変えようと思ったら部活のプレーも勉強も良くなった。1,2年生もこれから嫌なことや上手くいかないことも多いと思うけど、乗り越えてやっていけば3年生で達成感を感じられる。頑張って下さい。

大野くん
 入部した時はイップスでまともに相手に投げられなかった。そんな中、部員、先生、コーチに助けられて最後はキャッチャーとしてチームを引っ張るところまで来た。キャプテンとしてもストレスだらけで倒れそうになったこともあり、やめようと思ったこともあった。でも野球も好きだし、仲間ともなんだかんだあったけど、諦めず、やり切れた。みんなをまとめる経験は貴重だったし、自分の考えを出して試合に生かされた時は嬉しかった。3年間ありがとうございました。

 軟式野球部の次の大会は秋季大会となります。都立江東商業高校、都立新宿高校と連合チームを組み、出場します。応援よろしくお願いします。

正則高校の部活動についてはこちらから

ページトップへ