正則高等学校

正則高等学校

スマートフォンメニュー

部活動

2021年7月25日

【硬式野球部】堀越高校との4回戦。5-12で敗戦(7回コールド)

 7月25日(日)ネッツ多摩昭島球場にて、第103回全国高校野球選手権大会4回戦、堀越高校との試合が行われました。
 エースが出場できない中、序盤から堀越高校の猛攻にあい、先制点を許してしまいます。2回までで0-4と厳しい展開、しかし相手の安打が重なる中でも、正則野球部もミスのない守備でどうにか突き放されずについていきます。

 4回から相手のエースが降板したところから反撃開始!4回表に1点返し、6回表には先発として登板後キャッチャーに回っていた田中くん、レフトの塩見くんによる2本のタイムリースリーベース・後藤くんのタイムリーヒットで5-6の一点差まで詰め寄ります。二人の三年生の好打にベンチは大盛り上がり、大声で応援することはできない客席からは割れんばかりの拍手が鳴り響きました。


 一点差に詰め寄り、このまま逆転を!と意気込んだ中でしたが、6回裏に相手打線につかまり、その勢いをなかなか止められず6失点。最後はサード金本くん・ファースト加山くんの好プレイでなんとか7点差のまま7回を迎えました。

 点が取れなければコールド負けとなる7回表、勢いを取り戻した堀越のバッテリーに完璧に封じられ、7回コールドでの敗戦となりました。2回戦に続き、この日もノーエラー、好守が随所に見られ、相手投手を打ち崩す場面もあり、チームとしての大きな成長を感じさせてくれました。

6回表、追い込まれたカウントから、2点タイムリースリーベースを放った塩見くん
 「仲間が応援してくれて、ピッチャーも一生懸命投げている中で、このままでは終われないとくらいついて打ちました。その結果、ああいう打球(レフトオーバーの長打)が飛んでうれしかったです。(三塁ベース上に行ったときに、)応援してくれる人たちに感謝しないと、と思いました。」
 応援に駆け付けたクラスメイトの応援も届いていたようです。「感謝」の思いにたがわず、集合写真撮影後には、お父さんに頭を下げて感謝を告げている場面もありました。

先発登板→キャッチャー→再登板&6回にタイムリースリーベースを放ったキャプテンの田中くん
 「結果的にはコールドでおわってしまったけれど、途中意地を見せて一点差まで詰められたのは、自分たちの意地・自分たちらしいところだったなと思います。ほかの高校と比べて、思うような練習はできなくても、小さなことを積み重ねれば戦えるということを証明出来てよかったです。」
 目に涙を浮かべながらも、応援の保護者・生徒・OBにはっきりとした言葉で話していました。この情勢下、大変なことも多くありながら、最後までキャプテンを務めあげたたくましさを感じました。


硬式野球部では、8月24日に中学生向けの体験練習を計画しています。詳細が決まりましたら、HPにてお知らせします。
ここからまた、新チームでの練習が始まっていきます。引き続きよろしくお願いします。

正則高校の部活動についてはこちらから

ページトップへ