正則高等学校

正則高等学校

スマートフォンメニュー

部活動

2021年8月27日

【軟式野球部】秋季大会ブロック予選1回戦を勝利も、代表決定戦で敗退

 8/23(月)から軟式野球部は、秋季大会ブロック予選に臨みました。都立江東商業、都立新宿高校との連合チームで挑んだ今大会、1回戦をサヨナラで勝利しましたが、ブロック代表決定戦で敗れました。


8/23(月)の1回戦は光が丘公園野球場で関東第一高校と対戦。朝の集合直後の雷雨によりグランドは水浸し。雨が止みグランド整備のあと、1時間以上遅れて試合が開始されました。連合チームは初回に守備の乱れから2点を先制されますが、その後はランナーを出しながら粘り強く守り0点で抑えます。1-2で迎えた最終回、無死1塁からライト線3塁打で同点、更にライト前ヒットで逆転サヨナラ勝ちしました。


8/25(水)のブロック代表決定戦は大泉中央公園野球場で駒場東邦高校と対戦。初回から駒場東邦の徹底したバント攻撃、盗塁などで進塁を許し、3点を奪われます。その後、朝川くんの好守もありましたが、徐々に点差を広げられます。攻撃も駒場東邦のピッチャーに4回まで無安打に封じ込められます。5回、大西くんのチーム初ヒットからチャンスをつくるも無得点に抑えられ、0-10(5回コールド)で敗れました。

3年生が引退後、部員が4名となり、8月より連合チームを組み、練習を進めてきました。結成当初、部員同士はぎこちない関係でしたが、練習を重ね、コミュニケーションを取りチームとして成長してきました。集まってから決めたポジションは8月になって初めてやる人も多かったですが、お互い学び合い、1回戦の粘り強い守りにつなげました。

8/26(木)に正則高校の部員で振り返りのミーティングを行いました。一部を紹介します。

大西くん
初めてやるポジションは不安しかなかったし、技術的にも未熟だし任せて下さい、とは到底言えなかった。最初は自分の事だけでも大変で、周りを見る余裕なんてなかった。でもみんなで頑張っていこうと、練習や練習試合では声を掛け合いながらやっていったら、チームとしてもよくなったと思う。いつもとは違う、他チームの人との活動は楽しかった。

朝川くん
僕も初めてやるポジションで、覚えることがたくさんあって大変だった。でも江東商業も新宿も関わりやすい人たちで、支えてくれた。連携が取れていない部分もあったけれど、1回戦、声を掛け合いながら一つ一つのアウトを集中して取っていったことが勝利につながったと思う。指導者も沢山いていろんなことを学ぶことができたし、連合チームで充実した活動ができたと思う。

正則高校の部活動についてはこちらから

ページトップへ