正則高等学校

正則高等学校

スマートフォンメニュー

お知らせ

2021年5月25日

【サイクリング部】ツールドひたちなかで2年生が奮闘!

 サイクリング部は5月23日茨城県ひたちなか自動車安全研修センターで行われたツールドひたちなかに参加しました。
2年生の前川、園田、漆崎がジュニア部門、関根は男子デビュー部門、そして、12月の落車から復活した土屋が女子デビュー部門のそれぞれのレースに臨みました。


 ジュニア部門参戦の3人は前回の取手クリテで露呈したペース配分と積極性という難しい課題にどのように向き合うかが鍵となりました。前川と漆崎は終始先頭付近でレースを展開しつつも、来るべきゴールスプリントに備えて脚も温存出来ている様子でした。園田も序盤は必死に食い下がるも徐々に後退し単独での走行を強いられることになりました。最後のゴールスプリントで前川が競り勝ち、総合11位・ジュニア部門優勝を勝ち取りました。漆崎も前川に競り敗けはしたもののその差は1.2秒の総合12位ジュニア部門2位となりました。エンデューロレースの為、チェッカーフラッグのタイミングが非常に際どい状況でした。実際、最終ラップはカウントされなかったものの、自分達の判断で限界を超えかけている中で、脚を止めずに走り続けたことに大きな成長を感じました。園田も後半ほぼ単騎での走行でしたが、持ち前の粘り強さでトップ2と同一周回クラス3位でゴールしました

 男子デビュー部門の関根は6位入賞を視野に入れての走行となりました。長く続いた精神戦を制し、7位争いに競り勝ちました。

 正則初の女子部員である土屋は男子との混走のハンデを感じさせない走りを披露してくれました。体幹を利用した綺麗なフォームで安定したペースを作り出し、女子総合4位部門2位で無事完走致しました。実質上のデビュー戦であることを考慮すれば、十分に評価できる内容でしたが、本人は優勝しか考えていなかったようで、レース後の悔しい表情が印象的でした。

レース中際どい落車が何回かあったものの、全員無事にレースを完走出来たことは大きな収穫でした。

 今回のレースは開催地が遠く、さらにスタート時間が朝8時ということもあり、集合時間の朝7時に間に合うのか心配されました。しかし、保護者の方々のご支援のおかげで選手全員が余裕を持ってレースに集中することが出来ました。さらには、レース中の写真撮影やたくさんの差し入れも戴きました。レース開始から終了まで選手達にかけて戴いた温かい応援の声は、選手全員の心に届いていたと思います。本当にありがとうございました。

 今回、コロナ感染防止の為、表彰式は行われませんでしたが、主催者の許可を得て、ジュニア部門ワンツースリーを達成した3人を含めた5人の記念撮影を行わせて戴きました。表彰台の上で弾けた笑顔は本当に最高でした。ずっと見ていたいと心から感じました。これからも精進して参ります。変わらぬご支援をよろしくお願い申し上げます。

正則高校の部活動についてはこちらから

ページトップへ