SCHOOL LIFE

EVENT REPORT

体育祭レポート
EVENT REPORT

全クラスが燃える初夏の一日

正則高等学校 体育祭の記録

2022/05/10 (tue.)

REPORT - 01

3年ぶり全校実施となった体育祭
今年も奥戸総合スポーツセンター陸上競技場で開催しました。コロナ蔓延以降、3年ぶりに全校開催となった2022年度体育祭。全校生徒が集う開会式、この光景も久々でした。

REPORT - 02

観客席、感染対策しつつも彩り豊かに
各クラスがGWも集まって作成したのぼり旗が観客席上方ではためきます。感染対策もあって声出し禁止の中でも、それぞれ工夫を凝らした応援の様子が見られました。

REPORT - 03

各競技、それぞれの全力を尽くして
正則の体育祭は全クラス対抗。競技ごとに1年生も3年生も抽選によるブロック分けがされて、力を競います。1位のクラスはもちろん、なかなか上手く行かないところにも、実況や観客席から健闘を讃える拍手が送られていました。

REPORT - 04

クラス一丸、綱引き
クラス全員が出場する綱引きは、全校でのトーナメント戦。今年度の決勝は3年B組vs3年G組。円陣を組んで気合を入れた両クラスの対決は、どちらも引き合う長期戦に。一度引きずられそうになりながらも耐えきった3Bが粘り勝ち、綱引き優勝を決めました。

REPORT - 05

緊張と集中の3分間(+1分)、大縄8の字跳び
今年もコロナ禍の影響を受けて大縄は8の字で実施となりました。学年ごとに進む最終競技、他学年が跳んでいる様子を緊張の面持ちで見つめます。今年度の最高回数は2年C組の366回。2クラスが4分間跳び続けることに成功しました。

REPORT - 06

大逆転での優勝決定、表彰式
閉会式での結果発表。各クラスの奮闘を互いに讃え合いながら、表彰式を迎えます。2022年度の優勝は、大縄で最高回数をたたき出した2年C組。チームワークでの逆転優勝でした。2位は綱引き優勝の3年B組、3位は3年C組となりました。全校から大きな拍手が送られました。

REPORT - 07

体育祭を支える生徒たち、
体育祭実行委員会
正則の体育祭を運営するのは体育祭実行委員の生徒たち。3年生の生徒も全校実施は初めてでしたが、綿密に準備を重ね見事体育祭を成功へと導きました。1年生の実行委員からは「どの班の仕事も大変だけど、なくてはならないもの」だと感じたという感想がありました。